青島日本人会  
 
  ホーム > ごあいさつ

*-* ごあいさつ *-*

 
日本人会 会長  能勢 稔彦
 

     この度、吉川前会長から引き継ぎ、2019年度の青島日本人会の会長を務めることに
なりました伊藤忠(青島)の能勢と申します。 2017年度に会長を務めさせて頂きました
ので、今回で2度目となります。若輩者の私がこのような大役を再度拝命することとなり、
大変恐縮ではございますが、お引受する以上は、前回の経験を生かしながら、自分なりに
精一杯務めさせて頂く所存ですので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

    この4月で赴任して4年目となります。 青島には、豊かな自然と食材、そして人情味溢れる
人々がおり、非常に生活しやすい場所だと実感しております。また、青島日本人会を通じての
納涼祭や運動会、新年会など催しも多く、日本人らしさを取り戻す数々の機会があり、我々の
生活を充実したものにしてくれています。この生活環境を今後も維持していく上で、やはり
青島日本人会の存在は、以前と変わらず大変重要です。諸先輩方の築いてきた良き伝統を
継承しつつ、さらにこの日本人会を維持・発展させ、青島に滞在される日本人皆様の生活
環境を向上させていく使命が我々にはあります。

    その使命を果たしていくために、在青島日本国総領事館、ジェトロ青島事務所との連携を
強化しながら、日本人の生活環境向上及び企業活動環境の整備における提言を積極的に
中国政府機関に投げかけていく必要があると考えます。 本件に関して、青島商務局と就任
早々面談が持て、日本企業が直面する問題点や政府に対する提言などを日本人会が
中心となって纏めてほしいとの要請がありました。 会員皆様からの御意見を頂戴した後、
商務局とそれらの問題や提言につき、意見交換させて頂く予定です。

     世界的には、「不可実性」が益々高まっており、不安定な情勢が続く事が予想されます。
一方、青島においては、昨年6月の青島サミット会議後、インフラの発展に益々拍車が
かかっており、地下鉄11号線、13号線の開通に 始まり、「龍青高速」、「済青高鉄」、
「青塩鉄道」の開通、年末には、膠東に青島新国際空港が運開予定です。 インフラの
発展は青島経済圏の拡大を意味するわけで、我々にとっても、フォローの風がもちろん
吹いております。また、御承知の通り、今年6月に大阪でG20が開催される予定で、
習近平総書記も参加されます。日中首脳会議も予定されており、昨年の日中平和友好
条約締結40周年に続き、日中関係がさらに飛躍アップする環境で、経済交流の拡大が
期待されます。

    このような環境下で、理事会メンバーと共にこの日本人会をさらに盛り上げていくよう努力
していく所存です。 会員の皆様におかれましては青島日本人会への更なる御支援と御協力、
イベントへの積極的な御参加を、宜しくお願い申し上げます。

 

以上