目次

■NEWS
■特集:〜チンタオ・1990-2010の軌跡〜
■口コミ情報
■同好会だより/サークル情報
■チンタオ友の輪
■助けて長さん!「パソコン講座」
■会長はシェフ
■チンタオ写真館
■連載エッセー 〜Long Walk〜
■チンタオなんでも体験記

■声:あなたの声をお聞かせ下さい

 

 

 

 

来たる4月17日土曜日、新たな1年の始まりとなる、2010年度青島日本人会総会が開催 されます。
当日のスケジュールは、総会が16時30分〜17時30分(受付開始16時〜)、そ の後、懇親会18時〜(受付開始17時30分〜)を予定しています。総会での議題として
(1)2 009年度活動・会計・監査報告
(2)役員改選
(3)2010年度活動計画及び予算案
(4) 青島日本人学校報告
などが挙げられます。
総会ご出欠につきまして、参加申込書にご記入の上、 事務局までメール又はFAXにて4月9日(金)までにお知らせください。
尚、ご欠席の場合も委任状 の提出をお願いします。

【日時】総 会 16:30〜17:30(受付開始16:00〜) 懇親会 18:00〜(受付開始17:30〜)
【会場】青島海楽洲際酒店(インターコンチネンタルホテル)青島市澳門路98号  Tel :6656-6666 
懇親会参加費:お一人様200元(小学生以下のお子様は無料)

 

 

 

 

去る3月12日、青島日本人学校の卒業式が行われ、小学部12名、中学部3名の生徒たちが巣立ちました。加藤校長先生は「学業に卒業はあるが、学問に卒業はありません。日本人学校という恵まれた環境で過ごした日々を大きな力としていって欲しい」と卒業生達を励まし、又、来賓には中国語でも挨拶。中国人保護者は「やはり中国で中国語のあいさつしてもらえるのはうれしい」とうれしい様子でした。小学部6年生の卒業生はそれぞれが長い文章を暗誦した卒業の言葉を述べ、中学部3年生の答辞では「先生の導きなしでは今の僕たちはありません」と感謝の気持ちを伝えました。

 

 

 

◎在外選挙人証(申請)のお知らせ

2010年夏、第22回参議院議員選挙が行われます。在外選挙に投票するためには「在外選挙人証」を入手する必要があり、申請から交付まで最大3か月程度かかります。日本国籍がある満20歳以上で、日本の市町村に住民票の転出届をしている方が申請できます(日本に住民登録が残っている方は申請できません
申請方法は(1)パスポート (2)山東省居住を証明できる書類(例:外国人就業証、境外人員住宿登記表、公共料金支払い明細書等)を持参して、申請書類に記入するだけです。山東省に居住し3か月未満の場合は、申請できますが、一旦保管した申請書を満3か月となってから日本に送りますので「在外選挙人証」の入手までに3か月以上必要となります。なお「在外選挙人証」を紛失された方は、在青島日本国総領事館で再交付申請の手続きをして下さい。4月は「領事出張サービス」を各地で予定しておりますので、この機会を是非ご利用下さい。(4月3日(土)イ坊市、4月10日(土)威海市、4月11日(日)烟台市、4月24日(土)済南市、4月25日(日)泰安市)

詳しくは在青島日本国総領事館のHPをご覧下さい。
http://www.qingdao.cn.emb-japan.go.jp/jp/connection/election_090730.html
お問合わせ:領事班(電話:0532-8090-0001)

 

◎領事手数料改定について

3月16日、平成22年度領事手数料を定める関連省令が公布され、当館管轄内における領事手数料及び旅券手数料が、2010年4月1日から改定されましたので、主な改定額をご案内いたします。また、領事手数料及び旅券手数料ともに、年度をまたぐ手数料の徴収にあたっては、申請日時点での手数料額(旧年度の手数料額)を交付時に適用することとなりますので、申請にはご注意下さい(例:3月31日申請受付、4月7日交付であれば、3月時点での手数料額適用)

〜手数料改定後〜

10年パスポート

1,140元

5年パスポート(12歳以上)
790元
5年パスポート(12歳未満)
430元
パスポートの記載事項の訂正
60元
パスポートの査証欄の増補
180元
帰国のための渡航書の発給
180元
婚姻要件具備証明(独身証明)
80元
在留証明
80元
身分上の事項に関する証明 
80元
署名(及びぼ印)証明 
120元
一般入国ビザ(一次有効)
200元
数次入国ビザ(数次有効)
400元
通過ビザ
50元

        

 

 

日時 活動
4月10日 第86回日本人会ゴルフ同好会コンペ (国際ゴルフ場)
4月16日 日本人学校運営理事会
4月17日 日本人会総会 (インターコンチネンタルホテル)

↑topに戻る

 

 


 



 

 

青島日本人会創立20周年企画〜チンタオ・1990-2010の軌跡(あしあと)〜

第1回

「日本人学校の前身は寺子屋から」


飛田美穂さん(元I商事総経理御夫人)

 

 1997年春、当時I商事に勤務していた主人が帰宅し私に青島(チンタオ)駐在の話をした。私は二度目の駐在話とあってあまり驚きもしなかったが、小学5年生の長男には中学を受験させようと塾に通 わせていたので、学校があるかどうかが心配だった。主人に聞いてみると青島には日本人学校はもちろんなく、アメリカンインターナショナルスクールができたばかりで(現QIS)、それも小学部のみらしいという返事だった。私は、中学部が無いのなら長男は別 の方法はないものかと考えていたが、主人の「学校が無くても向こうで日本人学校を設立すればいいから、ダメなら日本へ戻れば良いだけ」という極めて楽観的な話に決断し、家族5名全員で行こうという事となり、通 っていた学校の1学期が終了した夏に青島へと出発した。

 青島のインターナショナルスクールは、現地の中学校の3教室を校舎として間借りし、生徒数はたったの17名という規模であった。ほとんどの生徒が韓国人であり、日本人は5年生の女の子1人だけの中に息子達3名が入学することになった。しかし、教師はネイティブのアメリカ人だったので、ともすれば韓国語の飛び交う雰囲気の中で、それだけがインターナショナルスクールらしかった。こんな小規模の中でちゃんとした教育ができるかどうかは疑問だったが、青島に来てしまったからには限られた条件の中において自分たちで工夫していくしかなかった。

 

 

 

 

 私は、先ず英語のネイティブの家庭教師を探し、それから日本語の教科を教えてくれる日本人留学生を探した。この二つの人探しを同時に進行させながら、子供の教育面 が安定したところで、主人の会社の教育相談の先生に青島の教育事情を説明し、日本から夏休みだけでも日本の学校教科を教えに来てくださる先生を探してもらうようお願いした。

  インターナショナルスクールは6月から夏休みに入るので、8月までの2ヶ月以上の長い休みの間、折角身に付き始めた英語と日本語の勉強をさせる為にはどのように過ごすかが大きな課題となった。私は英語圏1ヶ月、日本1ヶ月を目標とし、色々考えた結果 、幸いに主人の姪がアメリカのデトロイト近郊に住んでいたので、まずそこに世話になり、近くのコミュニティのサマーキャンプを申し込んで7月から1ヶ月参加することにした。6月から7月までの1ヶ月間は主人の日本の実家の近くに池田教育付属小学校と中学校があったので体験入学を希望してそこでお世話になった。

 この日本の学校の体験入学は子供たちにとっては楽しかったかもしれなかったが、長男のように高学年になると1年間分の補習をしてくれる塾のほうが良かったのではと思い、翌年の夏休みには長男を帰国子女の面 倒をみてくれる寮付の塾に入れることになった。

 一方、青島では夏休みは日本での体験入学とアメリカキャンプとしていたが、継続した日本語 教育は必要であるため、後半に教育相談の先生から紹介していただいた日本人の先生ご夫妻に来て もらうこととなった。期間は10日間程であったが、我が家へ泊まっていただき、一部屋を教室と して使用して子供達が集まる、という寺子屋のような日本式授業が始まった。

 

 

 青島に来ていただいた先生は、以前北京の日本人学校で教頭先生をされておられた方で、当時公立の中学校の校長先生であり、この校長ご夫妻は教育に対する経験も豊富で又情熱的な方々で、退職後には不登校の子供たちを受け入れるため自宅のそばでフリースクールを設立している。このご夫妻のおかげで、青島日本人学校補習校へ向けた第一歩が始まったが、当時、生徒は2名の女の子と息子達3名だけだった。寺子屋風の授業は8月初旬から2週間ほど続け、先生方は午前中勉強をして午後は課外授業と称して海へ蟹を取りに行ったり、市場へ行ったりラオ山に登ったりという実践的なことも指導して下さった。

 この自宅の一部屋から始まった寺子屋が、翌年(1999年)には日本人会のご尽力により、その後の夏休みにも北京日本人学校から先生に来ていただくよう要請をして下さり、教室はジャスコの会議室を借りて短期間の補習教室ができた。

 

 

 

2000年、2001年夏には就学生の人数も少しずつ増え、北京日本人学校から先生が来て下さり、又、日本人会が銀都花園内に教室を借りて北京日本人学校から古い机や椅子やピアノが寄付された。夏休みが終わった後は黄島で日本語を教えておられた元小学校の先生に土曜日のみ数ヶ月間通 って頂いた。

 

 

 

 土曜の半日だけだった授業が、土曜日全日となり、その後補習校に認定され、2004年4月には日本人学校が設立されたと聞いている。

 

 

 青島の教育事情といえば、このように日本人学校設立までの苦労があげられるが、私にとっては長男の高校受験が大変な困難であった。幸いにもインターナショナルスクールはその後中等部まで拡大され、2000年夏、長男は日本の中学3年生、インターでは8年生終了で日本でいう高校受験の年齢となっていたが、その時点ではまだ9年生ではなく2001年6月卒業予定だったため、日本の高校の受験資格が無く、受験するなら日本か北京などの公認された日本人学校へ転入し、卒業見込みを認定してもらわなければならないことが判明した。

 日本の寮のある高校の受験を考えて、学校に事情を説明し、青島インターナショナルスクールはアメリカのカリキュラムを導入しているゆえ、8年生でも中学校卒業とみなされるはずだ、という校長先生の説明も付け加えた。又、希望する高校の先生より会議で議題にしていただき、文部省へも問合せもしていただいたが、9年生を卒業しているか若しくは日本の学校か日本人学校の卒業見込みをもらわねば資格は無いとの返事であった。

 思案の結果、北京日本人学校へ転入願いを出し、了解は得たが2学期の中間テストと期末テストは必ず受けねばならないとのことであり、期日も迫っていた為、直ぐに長男と共に北京へ行くこととなった。北京では小さなマンションを借りることとなったが、部屋代は日本に比べ途方もなく高かったが仕方の無い選択であった。二人の弟は青島に残り、長男だけの北京単身生活が始まる。先ず、私も一緒に暮らしてみて様子をみた。子供の一人暮らしの為、朝6時半に来て朝ごはんを造ってくれるお手伝いさんも探し、生活が安定した頃に青島に戻り、その後2週間に一度のペースで北京に通 うという生活が始まった。交通費節約の為に夜行列車で14時間かけ青島と北京を往復した。家族と離れ離れの生活を余儀なくされた長男だが、幸いにも受験に合格して志望の学校への入学が叶って高校生活をスタートした。

 長男の帰国に少し遅れて私たち家族も、2001年12月に帰国することとなった。そのため日本人学校の開校を見ることはできなかったが、何も無いないところから始まった学校がきちんとした学校になっていく過程は、生みの苦しみという苦労はあったが、家族帯同の駐在員婦人たちの教育熱心さと子を想う母達のパワーがあり、みんなが一丸となり協力してきたからこそ乗り越えられたのだと思う。そして何よりも日本人会の皆様の協力のおかげで形あるものとして残ったことは素晴らしいことだと思います。今後の青島日本人学校と青島日本人会のますますの発展と御盛栄をお祈りいたします。

 

 

 


 

 

 

南京路のゴージャス火鍋屋

南京路と寧夏路の交差点手前の南京路沿いにできた新しいショッピング街の真ん中で、ひときわ目を引くのが「豆労(てへんに労)鍋」。このお店が、これまでの火鍋屋のイメージを覆すように、とにかく内装がゴージャス!「ここは火鍋屋?!」と思わせるほどのソファ席にキンキンキラキラな内装で、私たちの間では密かに【キャバレー火鍋屋】って呼んでます。肝心な火鍋そのものは、内装ほど奇をてらったものはなく、一人ずつ個別 の鍋が来てお好みのスープベースとたれで食べます。スープベースのおすすめはコンソメ味。他店ではなかなか出会えないチョイスです。具材も他店と似ていますが、具の盛り付け方に一工夫されています。席のソファの背が高いので、隣のテーブル同士で目が合うこともなく、会話が聞こえにくいので、ゆったりと過ごせました。

豆労(手へんに労)坊:南京路122号中連広場A座 TEL:82667777  (By ヨッシー)

 

 

●おしゃれでおいしいCLOVERのランチ

CLOVERのランチがおいしかった!ランチは38元か48元の2種類で、イタリアンカレーやチキンのグリルなどが38元、パスタ類やピザ類が48元でどちらもサラダとパン付。さらに10元プラスでコーヒーとデザートもついて、他のイタリアンレストランのランチと比べるとかなりリーズナブル。事前に予約すれば、バースデー用のデザートプレートも用意してくれるとか。おしゃれな雰囲気でいただくランチは満足度高めでリピーターになっちゃいそう。

CLOVER/古羅芭意大利料理店:青島市市南区○州路31号(○=さんずいに章)TEL:66773839  OPEN:11時〜4時/18時〜23時)(By Anny)

 

 

●おいしい焙煎コーヒーはいかが?

おいしいコーヒー豆やコーヒーメーカーをお探しの方におすすめ!ジャスコ向かいの歩行街にあるこのお店では、ブルーマウンテンやコロンビア、モカなど日本人の好むコーヒー豆が揃っていて、価格も500g60元〜90元程度。好みに応じてその場で挽いてくれるコーヒーの香りは格別 です。中国産のコーヒー豆「雲南」は、日本へのおみやげにもおすすめです。コーヒー豆の他に、輸入物のコーヒーマシーンや直火用エスプレッソメーカー(写 真は4杯用398元、6杯用456元)や無漂白フィルター(20元)、コーヒークリームなどコーヒー関連グッズも豊富。オーナーは欧米滞在経験があって英語も話せます。

青島ワン(しんにょうに万)森珈琲焙煎坊 Mission Coffee Roasting:東海西路49号C TEL:8572-8539 www.msncafe.cn OPEN:9:30-19:30

 


 

 

 

●香港式スイーツが食べたい時は…

チンタオにありそうでなかなか無いのが香港式スイーツのお店。「恒記甘(舌へんに甘)品」では、マンゴープリン(13元)、各種タピオカミルク(12元〜)、フルーツとやわらか豆腐の組み合わせ(20元〜)体調改善に効くクルミのスープ(13元)や蓮の種と小豆のスープ(8元)、美顔と胃腸に効く亀ゼリー(18元〜)など70種類以上のメニューがあります。スイーツの他に香港式食事メニューとして、イカのドウチ炒め、焼きビーフン、焼きそば、きのこと野菜の雑炊、ワンタン麺などがあり、メニューはすべてデリバリー可。

「恒記甘(舌へんに甘)品」東部店:ジャン州二路時尚愛購百米食巷 IGO東側出口並び TEL:66681873 OPEN:10:00-23:00

 

 

●日本式ラーメン屋「仙台政宗ラーメン」

3月10日にグランドオープンした「仙台政宗ラーメン」。日本での滞在年数20年のオーナー・王さんが「本格的な仙台ラーメンをみんなに紹介したい」と開いたお店だ。店内はオープンキッチンで木目調のテーブルが並び、明るい雰囲気。一番のおすすめメニューは、仙台から直輸入した味噌や醤油を使用した「仙台味噌ラーメン(22元)」と「仙台政宗ラーメン(18元)」。調味料には一切添加物を使用していないのが店の自慢だ。麺以外には牛丼、親子丼(各15元)、スペアリブ丼(18元)など。4月10日まではメニュー全品50%オフ。

仙台政宗ラーメン:古田路16号西網点 IGO東出口向かい TEL:85890872 OPEN:9:00-2:00

 

 

 

 

●テレビ、電子レンジ等お譲り下さい

引っ越したばかりで家に何もありません。テレビ、電子レンジ又はオーブンレンジ、トースター、電話機、整理棚、衣装ケース等ありましたら安価でお譲り下さる方を探しています。(SUNNY 13963952204)

 

 

●銀海幼稚園オープン

青島屈指の名門校・江蘇路学校分校である銀海学校。その附属幼稚園である「銀海幼稚園」が3月にオープンしました。2歳〜6歳の4年制の幼稚園で、普通 班(3000元/月)とモンテッソーリ班(3000元/月)、双語国際班(3800元/月)の3クラス編成。国際班では中国人と英語ネイティブの先生二人がクラス担任しています。各クラスとも定員15名〜25名前後。一番の特徴は、3階建てのビルを丸ごと使用した広々とした施設。単独幼稚園としては珍しい、舞台のある講堂、家庭科室、コンピューター室、美術室、かわいいベッドが常設された【お昼寝室】など、なんとも贅沢な造りです。見学は随時可能。

銀海幼稚園:東海中路30号 銀海大世界内 TEL:82856222 www.yinhai.com.cn

 

 

 

●かわいい雑貨屋さん「SECRET GARDEN」

香港花園の中に、小さくて可愛い雑貨屋さんを発見。小さなお店にはオーナーがチョイスしたかわいいポストカードやメモ帳、ラッピング用紙、お皿などが並んでいます。オーナーの劉さんはウェディングフラワーの講師もしているので、フラワーブーケや、ちょっとした花束ならオーダー受付できるそうです。

Secret Garden:上杭路62号 TEL:13969880404 OPEN:11:00-19:00

 


 

●お知らせ/青島日本語教師の会杯 第1回日本語スピーチコンテスト

2010年5月30日(日)「青島日本語教師の会」発足初の日本語スピーチコンテストを開催いたします。青島で日本語を一生懸命勉強している学生たち、主に初級学習者のためのコンテストで、現在、コンテスト出場希望者(中国人)に加えて、本選審査員(日本人)を募集中です!(もちろんふらりと足を運んでいただくだけでもけっこうです。)参加者の多くはまだまだ発展途上ですが、今後の日中友好の架け橋となる逸材も隠れているかもしれません!皆様ぜひぜひ彼らの日頃の成果 をお聞きにいらしてください。

 

日本語でつながる日中の「わ」
「青島日本語教師の会」杯

日程:2010年5月30日(日) 演題:自由 <初中級(3分)、中上級(3〜5分)>
応募方法:スピーチ原稿と指定の申し込み用紙を所属機関、又はお近くの日本語学校に提出。
応募締切:4月23日(金) 書類審査後(4月30日発表)、5月16日(日)に予選を行います。

入賞者には賞 金あり! 本選審査員(日本人)も同時募集中!

主催:青島日本語教師の会

コンテスト出場、また審査員応募に関する詳しいお問い合わせは青島日本語教師の会 qingdao2009japan@yahoo.co.jp 植田まで。

 

 

*口コミ情報は、みんなで作るページです。読者の皆様からの口コミ情報や質問への答えを募集しています。ジャンルはグルメ、売ります・買います、各種イベント、求人、耳寄情報など、何でもOK。あなたの伝えたい!知りたい!をどしどしお寄せ下さい。情報は編集部→gekkanqingdao@yahoo.co.jpまで。

情報には取材・寄稿者の主観が入っていますのでご了承ください。

 

↑topに戻る

 


 

 

チンタオこども野球クラブ〜

 

「どうしても野球がやりたい!」という子供たちが集まって、昨年末からスタートしました。月2回、金門路小学校グランドにて練習を行い、あいさつ、ランニング、キャッチボール、ノック練習、バッティング練習などをしながら、いつか試合ができる日を夢見てがんばっています。 メンバーは10名ほどでまだまだ始まったばかりですが、高校野球経験者のイケメン監督がやさしく厳しく指導!野球を通 してスポーツの楽しさや礼儀も学んで欲しいとママたちは密かに願っています。入部資格は小学1年生以上で、日本語でコミュニケーションができればOK!いつでも見学に来てください。また、監督をサポートしてくれるコーチの方も大歓迎です。 入部費30元、月会費50元(練習2回分)

<連絡先>
下寺 13656483154
楳田 13963969205

 

 

 

当コーナーに登場希望の同好会を募集しています。貴会についての案内や会員募集、次回活動のお知らせ、会員近況報告など、内容は問いません。青島日本人会の会員の皆様にはもちろん、日本にいらっしゃる読者まで幅広くお伝えすることができるのが月刊青島の魅力です!

お問合せ・登場ご希望は編集部gekkanqingdao@yahoo.co.jpまで。

 

↑topに戻る

 

 


 

9人目:小森 茂樹さん

 

 はじめまして、積水の吉井さんよりバトンを受取りました小森と申します。 現在、香港花園で串料理の店『好和』を営んでいます。吉井さんは会社が近いこともあり、ちょくちょく足を運んでもらっています。いつもその明るさと若さ、圧倒的なパワーに感心させられています。

  私は元々、通販会社の駐在員として青島に来ました。当時一人で気軽に来れる店が少なく、普段着の食事をしたいとも思ってました。好和はそのコンセプトのもとで始めました。会社も辞めてとても不安でしたが、暖かい皆様の応援の御陰で1月に1周年を迎える事が出来ました。この場を借りて御礼を申し上げます。

 店を始めて本当に良かったと思う事は、多くの皆さんと知り合いになり色々なお話が出来る事です。これはなかなか出来ない貴重な体験です。また店に来られたお客さん同士が新たに知り合いになったり、友好を深められているのを見ていると、本当にお店を始めて良かったと感じます。そして店はお客さんによっても造られていくのだなと改めて感じさせられています。お店は人を楽しくさせます。笑ったり泣いたり怒ったり、踊り出したり、ずっと喋り続ける方、1日4回も来た方、開店から閉店まで居た方、色々な人間らしさが詰まった場所が居酒屋です。全て忘れて、時間を忘れて! 楽しい場所であり続けたいと思います。でも翌日がつらいので、くれぐれも飲みすぎには注意しましょう。

  次のバトンを渡したい人はJETROの荒木さんです。彼は実に気持ちがいい性格の男です。その若さと人間性で明日の青島日本人社会を元気にしていってもらえる人物だと思います。では荒木さんよろしく!

 

↑topに戻る

 


 

 

〜第8回 チンタオで買えるWiiグッズ

日本のみならず中国や韓国、アメリカでも人気のWii。去年、日本では待望のブラックカラーの本体が発売されたことや、20,000円に値下げされたことが話題でした。娯楽やお出かけ場所が少ないチンタオライフでは、Wiiをおうちで楽しんでいる方やご家庭も多いのではないでしょうか。皆さんの多くは日本でWiiを買って持ってきている方が多いと思いますが、その場合、変圧器を使っていますか? 間違えて直接中国の電源に挿し込んでしまって「しまった〜!」という経験をされた方もいるかもしれませんね。

チンタオでも色々なWii関連商品が買えることはご存知でしたか?日本・中国兼用のアダプターを買えば、前述のような心配をしなくても済みますし、こちらに来てリモコンを買い足すことも、各種関連品を買うこともできます。日本では見かけない他国向けWiiグッズに出会えるのも面 白い!そして円高の今、こちらで買ったほうが価格も安いかも。。。今回は台東電子城で見つけた、チンタオで買えるWiiグッズについてご紹介したいと思います。

 

日本・中国兼用Wiiアダプター
60元(日本国内定価:3,000円)

Wii専用LANアダプター
115元(日本国内定価:2,800円) 

 

Wiiクラシックコントローラー
65元(日本定価:2,000円)

バランスWiiボード
350元

 

ファミリトレーナー専用マットコントローラー
60元

スポーツパック8in1
65元

 

Multi Axis Racing Wheel(台座付Wiiハンドル)      60元

Wii BLASTER(日本のWiiザッパーと類似)
85元

 

この他、本体は1,750元(日本定価:20,000円)、コントローラーとヌンチャクのセットは中国産なら190元、韓国産なら350元(日本定価:3,800円+1,800円=5,600円)でした。

 

 

「チンタオで買えるWiiグッズについてもっと詳しく知りたい」「代わりに買ってきて欲しい!」「日本と中国で買ったWiiソフトの互換性について質問!」という方は、長さんがあなたのお手伝いをさせていただきます。(費用は実費と交通 費)
【助けて長さん!コール】は13863946397まで。
↑topに戻る

 


 

 


「会長はシェフ!」のこのコーナー。
自他とも認めるお料理好きの青島日本人会会長・飛坂有三氏。料理へのこだわりはとうとう自ら野菜づくりに励むことになり、今は「会長は農民&シェフ」になっていらっしゃるとか。。。毎月身体とおさいふに優しい簡単レシピを紹介します!

 

〜4月レシピ〜
「牡蠣ときのこのホイル蒸し味噌仕立て」

■材料(1人分)

牡蠣(むき身 5〜10個程度/お好みで)
長ネギ(白い部分の多いもの/1本)
えのき茸、しい茸、シメジ、エリンギ等(お好みで適量 )
味噌(少々/合わせ味噌がお勧め)
酒(半カップ)
みりん(大匙1〜2杯)
カツオ風味だし・塩・七味唐辛子・レモン(少々)

 

■作り方

 

1)牡蠣の剥き身は、できれば氷でしめて、塩水でさっと洗って軽く水をきります。

2)長ネギは一皮むいて、下部・青みの強い部分をとり、3〜4cmの長さに切ります。

 

 

3)味噌にミリンを加えて練っておきます。カツオ風味だしは、少量 のお湯で溶いておきます。

4)きのこは石付をとって、水で洗ってから、適当に切りわけます。

5)アルミホイルを皿状にし、葱、きのこ、牡蠣の順でいれて、ミリンで練った味噌をのせます。

 

 

6)この味噌に、溶いたカツオ風味だしと酒をゆっくりとかけてから、アルミホイルで蓋をします。

7)包みを耐熱皿にのせオーブン(トースター)で焼くか、フライパンに少し水を入れ強火で蒸上げます。

8)ホイルから出てくる湯気が減り始めたら出来上がり。熱いうちに、お皿にのせて出来上がり。

9) お好みで七味唐辛子かレモンを振って召し上がれ。

10)ハマグリでも美味しくできます。この場合、貝の蝶番側に味噌をつけて、口を下側にし、ネギときのこで挟むようにして入れ、貝の上にのせた味噌に酒・カツオ風味だしを注いで蒸上げます。

 

■ ポイント

カツオだしは少な目にしてください。フライパンで作るときには、蒸仕上げ用の水は少なめにして、ホイルの蒸し状態をみながら、適宜足してください。

 

↑topに戻る

 


 

新企画

 

〜〜投稿写真を募集します!!〜

 

 

梅の開花、その可憐な姿を皆様にお届けします。

 

「やっと春」
作者: Nikon

 

 

「梅、開花」
作者: Nikon

 

 

「春の香り」
作者:中国生活倶楽部・山田

 

 


「私を観て…」
作者:中国生活倶楽部・山田

 

 

 

「十梅庵の梅」

 

 

 

「小雨の中の梅」

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

「梅の花1」
作者:ピンポンパン

 

 

 

「梅の花2」
作者:ピンポンパン

 

 

 

「梅の花3」
作者:ピンポンパン

 

 

 

「梅の花4」
作者:ピンポンパン

 

 

 

「梅の花5」
作者:ピンポンパン

 

 

 

チンタオの街で、旅先で、あなたの出会ったベストショットを投稿してみませんか!

写真サイズ:縦横最大600ピクセル

「チンタオ写真館」では、毎月のテーマのもとに、皆さんの撮影した写 真を紹介したいと思います。

写真のタイトル、ペンネーム等も併せてお知らせ下さい。

↑topに戻る

 

 


 

 

LongWalk 009

歩くときに、気をつけて

 

 

 

 

↑topに戻る

 


 

 

 

イングリッシュの大洪水 ! 一家でシンデレラ・ザ・パントマイムを観て

 

 

去る、3月13日と14日、石老人から松鈴路を車でひた走り、理工大学を過ぎたあたりに 新しくできたQISS(Qingdao No.1 International School of Shandong Province)の 校舎内で、このシンデレラ・ザ・パントマイムは上演されました。

たち一家は、しとしと小雨の中、まだ工事も完全に終わっていないQISSの門をくぐり、 14日(日)お昼からの公演に行ってきました。 客席は、ほぼ満員!子供とその家族で熱気ムンムン。 小さい子は、まだお母さんのスリングにもぐってミルクを飲んでるし、 もうすっかり興奮した幼稚園児たちは、客席の間をすり抜けるようにおにごっこ。 そんな雰囲気に、私の子供たち(2才と4才)も大喜び! 上演が始まる前から、舞台の裾で、生バンドの演奏が始まり、横に座る子供たちも身体を揺らせて 踊っていました。

舞台全体を通して、このバンドの生演奏は、とてもとてもよかったです。 さて、幕が開いて、シンデレラ・ザ・パントマイムが始まり、、、 あれ?なんだか、ストーリーが知っているシンデレラとぜんぜん違う!? そう、これはオリジナルのシンデレラでした!しかも、私たちが想像していた1時間くらいかなぁ

という上演時間も、あっという間に3時間にさしかかり。。 私たちは、ひと足早くその3時間で会場を後にしましたが、いやはやここまでくると、 これは、英語の洗礼を受けにきたかのよう! パントマイムと言っても、アメリカからきた無声劇と違い、イギリスのクリスマスに 上演されるいわゆる劇のことなので、役者さんの美しく通る声で、美しい英語が、音楽やかわいらしい子供たちや学生たちのダンスなどと共に、 そして、途中、役者たちがそのままスクリーンに入っちゃったかのごとくの映像があり、 そんなこんなが舞台と客席を満たしてゆくのです!

私は、宝塚歌劇など自分の子供のころの舞台体験を思い出し、それと比較しても、 このシンデレラ・ザ・パントマイムは、子供たちにとっての舞台鑑賞体験を特別 なものに してくれたと思います。これだけの上演時間と内容、そして役者のセリフの量 、これは、 ただものではないと思いますが、全体の印象として決してもちろん退屈はなく、 アドリブも入ったりして、コミカルでとてもリラックスしていて、きっと関わっている人みんなが 楽しんでいるだろうと思える公演でした。 そして客席ももちろん、コール&レスポンスで、一緒に歌ったりして参加気分いっぱいです。

とにかく、私も全部のセリフを聞きとることはできませんが、お子様に、もしこの青島で 溢れるほどの美しい英語と舞台芸術の体験をと思われるお父さんお母さん、 きっと来年もどこかでシンデレラ・ザ・パントマイムのような素晴らしい上演があると 思いますので、みなさまお誘いあわせの上、ぜひ行ってみましょう! 会場は、客席もインテリアも音響や映像の環境も、素晴らしくて、こんな劇場がある 学校は素敵だなぁと思いました。

もっと詳しいことが知りたい方、プログラムやグッズの購入希望の方は、 QingdaoExpatMagazine : info@qingdaoexpat.com まで。 この公演活動について詳しく知りたい方は、 www.qingdaopanto.org で知ることができます。 (英語)         

written by 柔風

 

 

*「チンタオなんでも体験記」では、皆さんからの投稿をお待ちしています。チンタオで見たもの、聞いたもの、食べたもの、面 白かったもの、なんでも結構です。皆さんのチンタオ体験談を募集しています!

 

↑topに戻る

 

 


 

 

『声』 〜あなたの声をお聞かせください!〜 チンタオライフ、満喫していますか?こんな事があったらいいなあ、こんなことはできないだろうか?などなど、 あなたの日頃の想いとグッドアイデアをお聞かせください! 記名、匿名問いません。あなたの貴重な声をお待ちしています! 声はこちら→gekkanqingdao@yahoo.co.jp

 

↑topに戻る