目次

■NEWS
■特集:日本人学校特集〜目指せ、児童・生徒数100名突破!笑顔と豊かさの中で学ぶ〜
■特集:〜チンタオ・1990-2010の軌跡〜
■口コミ情報
■チンタオ友の輪
■助けて長さん!「パソコン講座」
■会長はシェフ
■チンタオ写真館
■連載エッセー 〜Long Walk〜
■チンタオなんでも体験記

■声:あなたの声をお聞かせ下さい

 

 

 

 

 

新年度、新たな日本人会のスタートを切る「2010年度青島日本人会総会」が去る4月17日、インターコンチネンタルホテル(海楽洲際酒店)で行われました。
今年成立20周年という節目の年を迎えた青島日本人会。総会は、出席136社の会員と110社の委任状で成立し、新年度の理事の選任、予算など滞りなく承認されました。

 


総会後の懇親会では、青島日本人会OBで現在、日本で約70名で構成されている日本青島会の会長である馬場正修氏が駆けつけて挨拶された他、今回撤退されることになった日本人会活動に精力的かつ創造的に活躍された藤江耕一理事に大谷名誉会長から謝辞を事務局から花束贈呈をし、ご本人から去るを忍びない思いのメッセージがありました。なお会場では、青島と日本人との歴史の繋がりを知る資料として3、4万人の日本人が居住していた戦前時代のビデオの放映をしました。

 

 

新年度青島日本人会の理事メンバー、組織詳細、活動については日本人会ホームページ http://www.qingdaojs.org/qd-nihonjinkai/ をご覧下さい。

 

 

 

 

 

4月13日、青島日本人学校小学部、中学部の入学式が行われ、11名の小学1年生、8名の中学1年生が入学しました。当日は例年に無い寒さのため、桜はまだ固いつぼみを閉じたまま。一方、新1年生たちは、自分たちの名前が呼ばれると「ハイ!」と元気よく起立し、初々しさと可愛らしさいっぱい。加藤校長先生は式辞の中で「一期一会」という言葉を掲げながら「皆さんも人との出会いを大切にしながら、お友達をたくさんつくってください」と話した他、小学部代表生徒、中学部代表生徒による歓迎の言葉が述べられました。

 

 

 

 

 

 

4月27日、彰化路にある洋食レストラン「KORONA」にて、婦人会総会が開かれました。現在全会員数64名となった婦人会の内39名の会員と生活文化会藤江前会長、下地副会長、江口副会長が参加した総会では、新旧各7名の役員の交代、規約の再確認、前年度の会計報告などが行われました。今年度の新役員も昨年度に引き続き、特色ある婦人会活動を目指して各種イベント、講習会などの開催を企画しています。次回の婦人会は6月の定例会の予定。婦人会入会をご希望の方は、日本人会までお知らせください。

 

 

 

第22回参議院議員通 常選挙について

今夏、第22回参議院議員通常選挙が行われます。在外選挙(在外公館投票、郵便投票、日本国内での投票)に投票するためには「在外選挙人証」を入手する必要があります(申請から交付まで最大3ヶ月程度を要します)。申請方法は、パスポート及び居住を証明できる書類を在外公館へお持ちいただき、申請書類にご記入頂くだけです。既に「在外選挙人証」の交付を受けている方は大事に保管してください。なお、「在外選挙人証」を紛失された方は、在外公館で再交付申請の手続きをして下さい。

詳細は外務省ホームページをご覧下さい。http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/flow.html

その他ご不明な点がありましたら、青島総領事館(TEL 0532-8090-0001)までお問い合わせ下さい。
なお、当館からの各種情報を発信する「メールマガジン」も本年1月より配信を開始しました。当館ホームページのTOPページからご登録いただけますので、是非ご登録下さいますようお願い申し上げます。

「メールマガジン配信サービス」 在青島日本国総領事館ホームページ http://www.qingdao.cn.emb-japan.go.jp/jp/index.html

 

 

 

 

日時 活動
5月13日(木) 15時より流通サービス部会(海情大酒店)
5月14日(金) 16時より学校理事会(日本人会事務所)
5月18日(火) 17時より韓国ゴスペル音楽会(凱旋山庄27号 )
5月20日(木) 16時より日本人会理事会(クラウンプラザ)

↑topに戻る

 

 


 

 

 

青島日本人学校 〜一人一人が生かされる教育を〜

中国全土の中でも四季豊かな温暖な気候に恵まれた山東省青島。海と山の自然を併せ持つ青島の市内中心部に位 置する青島日本人学校は、7年前の開校当時、6名の生徒で始まり、現在生徒数は95名に増えました。学校教育目標である「豊かな心を持ち・自ら学び鍛える・たくましい児童の育成」をモットーに、文部科学省の推奨する文字通 りの少人数体制の下、生徒一人一人が個性と才能を発揮しながらのびのびと学んでいます。

 

学校施設紹介 〜最新テクノロジーを駆使した校舎〜

2002年に開校した青島日本人学校は、一昨年、新校舎が落成され、いよいよ本格的な学校のスタートを切りました。ソーラーパネルによる太陽熱や地下100mの地熱を利用した最新テクノロジーを駆使した新校舎は、中国人教育者の関心も集め、中国各地から視察に訪れるほど。明るい校舎、立派な体育館、広々とした温水プール、各種特別 教室など本国や他の在外学校と比べると、群を抜いた恵まれた学校施設を有しています。素晴らしい教育環境の中で生徒たちは毎日楽しく元気に過ごしています。 

 

運動場
武道館
プール
理科室
図書室
音楽室

 

 

学校行事紹介 〜在外学校ならでは特色ある学校行事〜

青島日本人学校では、国内で行われる主だった行事はもちろん、中学生生徒の日系企業・店舗での職場体験や農場体験、地元中国の学校生徒との交流、各種季節行事など在外学校ならでは特徴ある様々な行事が行われます。また、多くの行事では、生徒たち全員がみんなで力を合わせながら、自主的に提案・演出し、劇や出し物、学習発表を行っています。

 

1学期
新入生を迎える会

小学部交流会

運動会
職場体験学習

上の太鼓をクリックしてください。QuickTime Playerで太鼓演奏がスタートします。              (QuikTime Playerはこちらからダウンロードできます)

新入生を迎える会では、上級生たちによる劇や出し物により新入生の学校生活について楽しく紹介されます。 年間行事のメインイベントの一つである運動会では、在外日本人学校ならではの和太鼓の演奏が恒例となっています。小学部交流会は中国の小学生と中国語や英語を話しながら交流します。中学部の職場体験学習は、日本国内では実現しにくい貴重な体験です。

 

 

2学期
小学部修学旅行
宿泊職場体験
学習発表会
中学部交流会

 

秋の小・中学部修学旅行では中国国内や山東省内に出かけます。宿泊職場体験では、現地日系企業のご協力の下、生徒が農業や畜産業の体験学習を行っています。文字通 り“全校で総力を出して”臨む学習発表会では、出し物のアイデアから衣装作りまで、生徒、先生、保護者が一丸となって実現します。中学部の交流会は中国の中学生と出会う貴重な機会です。

 

 

3学期
書初め
新入生説明会
豆まき
卒業生を送る会

 

新入生説明会では、4月に入学する新一年生の一日体験学習をし、上級生と交流します。書初め、豆まきはじめ多くの行事にて下級生と上級生が一緒に取り組み、タテのつながりを強くしています。卒業生を送る会では、小学部、中学部それぞれが卒業生への感謝の気持ちを表します。卒業式と同時期に在外学校ならではの教師の離任式も行われ、春は涙涙の季節です。

☆青島日本人学校の自慢!和太鼓演奏はこちらからご覧いただけます。

 

 

先生たちに聞いた「教えてください!先生のこと」

恵まれたハード面に負けない、教育への情熱に溢れた素晴らしい教師陣。在外学校に赴任する先生たちは、皆さん強い意志とやる気を持ち、在外赴任試験にパスした優秀な人材ばかりです。今年は大幅にメンバーも入れ替わり、新たなスタートを切った日本人学校の先生たちをご紹介します。

アンケート回答
1)氏名
2)青島日本人学校歴
3)今年度の担当
4)出身地
5)年齢
6)なぜ、日本人学校への赴任を希望しましたか?
7)青島日本人学校での感想、やりたいこと

1)加藤 文昭
2)あっという間に2年目を迎えました。
3)一応、校長です。
4)ドランゴンズブルーの血をたぎらせる街、 名古屋です。
5)あっという間に50代です。
6)自ら進んで希望したというより、様々な立場の方々から薦められ決断しました。どこへ行っても自分らしさを忘れず過ごしたいと思っています。

 

1)國分 茂
2)3年目
3)小学部1年生
4)福島県
6)海外の子どもたちの役に立ちたいという気持ちで赴任しました。
7)のびのび生き生きした子どもたちにつつまれ、元気をいっぱいもらっています。
1)明石 この実
2)2年目
3)小学部2年生
4)秋田県
6)友だちから、このような道を紹介された時、“これしかない!やってみたい!!”と思ったから。
7)毎日子どもたちに囲まれ、楽しく幸せ。少人数で一人一人と向き合えるのがうれしい。

 

1)芳賀 幸生
2)新着任
3)小学部3年生
4)福島県(前任校は東京都八丈島)
5)38歳
6)日本人学校の児童の学力向上の役に立ちたいことと、異文化を理解し、国際交流の一員として何かの役に立ちたいと思ったから。
7)スポーツを通しての国際交流(卓球、サッカー、剣道など)
1)臼田 孝子
2)新着任
3)小学部4年生
4)群馬県
6)子ども達とともに外から日本を眺め、日本や世界について語り合うとともに、世界の舞台で活躍できる子ども達を育成したいと考えたため。
7) ・子ども達が現在の日本・中国・世界のことをどう見たり、感じたりしているかを聞きたい。
・先生達と協力して、日本人学校を今よりもさらに魅力的な学校にしたい。
・フルートを教えてあげたり一緒に演奏したりしたい。

 

1)小山 忠仁
2)2年
3)小学部5年生
4)熊本県
6)別の地域に赴任経験がある教員から、在外学校の子ども達の現状をいろいろ聞き、自分の今までの経験を在外学校の子ども達のために生かしてみたいと考えたため。
7)青島日本人学校の児童、生徒達はとても素直でやさしいです。毎日楽しく子ども達と過ごすことができて幸せです。
1)石中 堅吾
2)新着任
3)小学部6年生担任 
小4(社会)、中1(社会)、小5・6(体育)
4)広島県
6) ・国際社会、世界にはばたく児童の教育に携わりたいと思った。
・海外で経験したことを日本の児童たちの教育のために生かしたいと思った。
7)児童・生徒のために目の前の課題を一生懸命、全力で取り組んでいきます。

 

1)清水 愛
2)3年目
3)小学部副担任、小1〜中3音楽、中学部美術
4)長野県
6)私自身海外生活を経験しているので、その経験を学校という場所で生かしたかったから。
7)子どもたちはとても素直で、明るく元気です。心の栄養となる音楽を学び、心を、人生を豊かにしていってもらいたいと願っています。
1)原井 紗友里
2)新着任
3)家庭科(小5〜中3)、中国語(小1〜中学部)、図工、体育
4)富山県
6)海外での教育活動に興味があった。自分への挑戦!!
7)子供たちと毎日笑顔で過ごし共に成長したい!仲間や家族を大切にする心を育てたい。

 

1)金房 軌人
2)新着任
3)中学部1年生
4)愛媛県
5)31歳
6)日本での経験を生かし、海外での教育活動に協力したかったから。
7)青島日本人学校の特色を生かして、心に残るような伝統を生徒とともに創り上げていきたい。

1)山本 智子
2)新着任
3)中学部2年生
4)群馬県
6)海外で暮らす子どもたちと共に、広い視野に立って日本を見直すことができると考えたので。また日本語のよさや美しさを改めて感じ、それを伝えていくことができたらと思い、希望しました。
7)着任してみて、青島日本人学校のよさを感じています。子どもたちと先生たちとが一緒になって、されに活気のある、よりよい学校づくりができたらと思っています。

 

1)石井 亮一
2)2年目
3)中学部3年生
4)福島県
5)37歳
6)日本の学校で今まで培ってきた経験を、いつか何かの役に立てたり、できないかと考えていたところに、海外派遣の話が出てきたため。
7)中学部の企画力、実行力のすごさに驚かされました。各行事等でも、自分たちのやりたいことを積極的に提案し、自分たちでほとんどを準備する姿を見て、ともすれば無気力になりがちな思春期の時期でも、常に意欲的に活動できるのは、日本人学校にいるからこそなのだと思いました。

1)石川 紗綾香
2)新着任
3)中学部英語、小1〜中3英会話、小4〜小6書写
4)埼玉県
6)英語教員として、日本人学校経験者として、海外で頑張る子供たちの力になりたかったため、赴任を希望しました。
7)生徒たちによる英語の歌披露やスピーチコンテストをやってみたいです。

 

 

学校を支える大黒柱 〜学校運営理事会〜

青島日本人学校を支える大黒柱の『学校運営理事会』。運営理事会無くして、日本人学校は語れません。学校運営理事会メンバーは日本人会理事より毎年10名選出され、毎月の会合では、運営理事会、保護者会、通 学バス委員会のメンバーが集まり、校務報告、財務報告、保護者会・バス委員会・校舎管理室からの報告など学校に関わるあらゆることが報告、検討されています。4月の学校運営理事会では、昨年度の決算報告、体験入学の開始、バス通 学の送迎をはじめ様々な議題が上がっていました。理事メンバーは自身のお子さんはすでに成人されている方が多いのですが、皆さんまるで生徒保護者の一員のように熱心に、親身に様々な問題や課題を話し合っています。

 

 

 

ミニインタビュー 〜吉田理事長・加藤校長に質問!〜

学校運営理事会終了後、2009年度日本人学校運営理事会・吉田暁理事長(2010年度運営会副理事長)、加藤校長先生にお話を伺いました。

 

〜吉田理事長に質問!〜

 

【Q1】学校運営理事会について教えてください。

【A1】理事会は会社でいえば取締役会にあたります。校長先生以下、先生方が生徒児童の教育に集中する一方で、学校をどうやって運営していくべきかなど教育以外に議論しなくてはいけないことも多々あります。青島日本人学校はじめ在外学校は、日本国内での教育委員会の代わりとして現地日本人会内での学校運営理事会が設立母体となり、運営されています。事務長も教頭もおらず、設立後まだ7年目の青島日本人学校では、解決しなければならない問題、議論されるべき課題がたくさんあります。理事会は毎年日本人会で選任され、毎月1回集まって様々な問題や課題について皆で話し合っています。また、理事会には総領事館から必ず2名、理事としてご参加いただいています。そして賃料の約半分を補助、インフルエンザの時のワクチン入手、チンタオ市政府との交渉など多方面 でサポートいただいています。


【Q2】理事会の一番の課題は何ですか?

【A2】青島日本人学校の最大の課題は、生徒数を増やしたい!ということです。1年半前にできたばかりの新校舎は200名程の生徒を受け入れることができる立派なものです。今年度の全校生徒数は95名となりましたが、この2年間くらいは期待通 りに増えているとは言えません。生徒がもっと増えれば、先生を増やす、教頭をおく、事務長をおく、事務員を増やすなど、収入が増えるとできることも増えます。ですから、“生徒増加”を昨年度の最重要課題として、校長先生や皆さんと相談し、

1)現地タウン情報誌に活動内容の掲載を行う
2)学校ホームページを立ち上げ、活動内容の詳細を掲載
3)日本人会会員企業向けに日本人学校について広くPRし、人員交代の時にもご家族連れで青島に赴任してもらえるようにする
4)日本人生徒のいる現地幼稚園への働きかけや園との交流を図る、など様々な試みを行いました。尚、銀都幼稚園とアップル幼稚園に通 っている日本人生徒は40名前後、うれしいことに銀都幼稚園と小学部は今後も交流を行うことが決まりましたので、積極的にアピールしていきたいですね。

 

【Q3】理事長をされたご感想は?

【A3】新たな勉強ができたなあ、と思います。私の本職は銀行マンですので、これまで学校運営に関わる経験はありませんでした。学校運営理事会理事長になり、学校経営のトップとしての勉強をさせてもらう貴重な機会をいただきました。学校運営は外から見ている想像と中に入って見る現実が全く違います。実際に運営に関わりながら、悩みや問題点を1つでも多く解決したいと思いました。チンタオの日本人学校は中国で一番新しい、最新の設備を備えた学校です。これは日本と比べても、中国中の日本人学校と比べても群を抜いています。また、先生方も選ばれた、やる気に満ちた素晴らしい方ばかり。昨年度一年間、理事長として活動しながら、最新の設備と全教師の資質が高い、こんな恵まれた教育環境の学校は日本でも少ないのでは、とつくづく思いました。ですから小学生、中学生のいらっしゃるご家族の方はどうか安心してお子さんを連れていらしてください。

 

 

〜加藤校長先生に質問!〜

 

【Q1】日本人学校の一番の魅力は何だと思われますか?

【A1】チンタオにいても日本の学校と同じ、というよりそれ以上の教育内容が受けられることだと思います。子供の目が輝いている、と言いますか、休憩時間も昼食時間も授業中もどの場面 でもとにかく楽しそうです。また、少人数ですので教師も一人ずつの言い分をしっかりと受けとめることができ、教師の温かさが伝えることができる。私の教師生活30年の経験からしても、この青島日本人学校は本当にすばらしい学校だと思います。子供の素質、高校受験結果 、授業態度、どれをとってもすばらしい。もちろん不登校の生徒などいませんし、私が日本で見てきたような深刻ないじめもありません。また私の好きなもう一つの点として、教員一同だけではなく、学校の警備員さんたち、校舎管理事務室の方々を含めて、スタッフ全員が家族的に仲がいい。特に先月は大幅に教員メンバーが入れ替わりましたが、すぐにお互い打ち解けています。校長としてはうれしいかぎりです。

 

【Q2】その魅力の背景は何だと思われますか?

【A2】何より1クラス10名前後という少人数の良さが出ていると思います。もちろん学校の経営的には苦しいのですが。。。そのくらいの人数であれば先生も十分に生徒たちに目が行き届き、生徒一人一人が生かされ、子供たちがいい方向に行くことができます。例えば子供同士で「それはしちゃだめだよ。」「こうしよう。」と言い合える、そういう雰囲気、子供たちの力がありますね。それは日本から選ばれて来た駐在者のご両親によるゆとりある生活、きちんとした家庭環境で育った子供たち、という背景もあると思います。そして子供たちがしっかりしているので、教師も教育に専念できる、そうした好循環ができていると思います。実際に青島日本人学校の中学3年生たちは、第一志望の高校に入学する子が多いんです。少人数ですから、進路指導の先生も直接日本に行き、生徒たちの志望校の視察や情報収集を行うなど全面 的にサポートすることができます。それから総領事館や日本人会の身近なご支援をいただいていることも円滑な学校運営や教育に欠かせません。まさに青島の皆さんに支えられている学校だと思います。

 

【Q3】これからの取り組みについて教えて下さい。

【A3】これからはチンタオならではの、青島日本人学校の特色を出していきたいと思っています。そのために現地の学校と積極的に交流したり、中学部の和太鼓の演奏機会を増やすことができたらと思います。また地域研究として、かつて何万人の日本人が住んでいた青島の歴史についても生徒たちと勉強していきたいと思っています。そして新しい大きな試みとして、今日の理事会で承認を得ました「体験入学」を早速、今年の夏休みから始めたいと思っています。体験入学は学校の通 常開校期間であればいつでも生徒の受け入れを行う予定です。体験入学の資格としては、1)日本語の授業が受けられること、2)学校の近辺に居住し通 うことができる、この2点の条件を満たしているお子さんならどなたでも大丈夫です。例えばこちらのインターナショナルスクールは6月に夏休みが始まるのであれば、7月に夏休みが始まるまでの期間、体験入学に来ていただたいと思います。授業は1週間単位 にて参加できますので、1週間だけでもいいですし、1ヶ月以上でも構いません。私たちの授業を肌で感じてもらいたいと思います。詳細につきましてはいつでもお気軽に見学、お問い合わせいただきたいと思います。

 

 

生徒たちに聞いた「青島日本人学校のここが好き!」

 

 

<小学部低学年>
・ 友だちといっぱいあそぶことができるところです。
・ べんきょうしたり、せんせいといっしょにおべんとうをたべるところです。
・ 大好きな校庭であそべるところがすきです。一りんしゃであそべるところもすきです。
・ 教室でみんなと勉強できるのがすきです。図書館や体育館もすきだよ!
・ 楽しい学校です。なぜなら、みんなとすぐ友達になれるし、校長室で電車の本が読めるからです。
・ すごくいい学校です。なぜなら、ドッジボールがみんなとできるし、みんな仲良しだからです。

<小学部高学年>
・ みんななかよし!
・ イベントがいっぱい!
・ 青島日本人学校の好きな時は縦割り昼食の時です。他の学年と一緒に面白い話をして楽しいからです。
・ 青島日本人学校のじまんは中学部から小学部までが家族のようになかよく、時には協力しあっていることです。
・ この学校は人数が少ないので、いろんな人と友だちになれるところが好きです。
・ 全校児童生徒みんなのことが好きです。

<中学部>
・ 生徒数が少ないので、みんなと触れ合える所。
・ 全校生徒が友だちになれる所。
・ 人数が少ないので、休み時間は小学一年生から中学三年生まで校庭や体育館で一緒に遊べます。
・ 児童生徒会や休み時間などいろんな場で小学部一年生から中学部三年生までいっしょに活動し、仲が良いところが好きです。
・ 小学校低学年から中学校3年生まで年齢に関係なく仲良く過ごせるところ。
・ 朝でも人一倍元気よく、校歌を歌うこの青島日本人学校のみんなが大好きです。

 

 

保護者のママ・パパたちに聞いた
「ここがおすすめ!青島日本人学校のいいところ」

「お母さんたちの顔がよく見えるのが安心だし、仲良くなれるしいいです。」
「日本に帰った時、日本各地にお友だちができるのがいい!」
「タテワリ昼食など、タテのつながりがあるのがいい。」
「学年を超えて仲がいい。上級生のお兄さんやお姉さんの面倒見がとてもいい。」
「先生方の目が行き届くから、勉強もしっかり見てくれる。落ちこぼれもいない!」
「和太鼓や豆まき、七夕集会など、クイズや劇を通じて季節ごとの行事を大切にしていていい。」
「生徒が主体になって、自主的に行事を行っているのがいい。」
「中国にいながら日本のようにのびのびと勉強できること。」
「先生がいい!生徒がいい!!ママがいい!!!」
「村の学校のように子供同士の顔が見える。日本や上海の学校と違い、皆が一つにまとまっているところがいい。」
「タテの学年のお子さんや親御さんと話ができたり、つながりができるのがいい。」
「先生の目が行き届き、アットホームでいい。」
「クラス単位、学校単位での一致団結の感がある。」
「自分の子に、こういう中学生になってほしい!と思う生徒たちがいる。」
「日本に比べてずっと、上級生が下級生の面倒見がいい。」

 

 

↑topに戻る



 

 

青島日本人会創立20周年企画〜チンタオ・1990-2010の軌跡(あしあと)〜

第2回

「青島日本人会発足のきっかけとは」


荻原徳夫さん(初代青島日本人会会長、元三井物産青島事務所所長、1986-1991)

 

 

青島日本人会発足から20周年を迎えるので、初代会長として文章を書いてほしいとの依頼を受けたが、突然の話で頭の中は大混乱。私が青島に滞在した期間も正確に思い出せない始末で、漸く1986年から1991年まで滞在した事、青島日本人会は発足会開催直前に、当局の要求で中止とせざるを得ず、既に集まっていた青島在住企業事務所の方々に経緯を説明し、急きょ青島会解散式に切り替えたことを思い出した。記録も何も残さなかった(残せなかった)と思う。

何か当時の記録が無いか調べているが見つからない。娘に聞いても青島日本人会の事は当然のことながら殆ど知らなかった。そんな訳で、うろ覚えの記憶に基づき、青島日本人会発足のきっかけとなった当時の状況をご報告いたしたい。会長も副会長も正確には決められなかったと思う。どなたか当時青島に滞在した人がおりましたら、補足、訂正して頂ければありがたい。

そんな状況の中で、相互の連絡を密にするために青島会(青島日本人会)設立機運が盛り上がったのである。しかし先に述べたように当局の要請に基づき話は当初流れてしまった。1991年、小生は、5年の任務が完了し、帰国。続いて93年から南京勤務となった。当時三井物産では、上海店が中心になり揚子江沿いに設置された数店が2カ月に1度上海に集まって、情報交換会を行っていた。上海店から、上海日本人会設立が中国当局の許可を得られず、当局との困難な交渉が行われていることが報告され、小生も青島会設立難航の経緯を報告した事がある。上海店の報告によると、中国は北京日本人商工会の設立を認可しており、各地の日本人会は北京日本人商工会傘下に入るべしと言うことだったと思う。

何しろ20年も前の事なので、私の記憶にも間違いがあるかと思う。皆さんが20周年という意味、青島日本人会の現状などを教えて頂ければ幸いです。

 

↑topに戻る

 

 


 

 

 

日本人経営のSPRカフェ

 

青島市内でもたくさんのチェーン展開をしているSPRカフェ。ミン江路に日本人オーナーが経営するSPRができたと聞いて行ってきました。コーヒーはSPR他店と同じ安心のおいしさに加え、おすすめはこのお店オリジナルのフードメニュー。焼きたてアツアツのワッフル(18元)や、フランスパンのサンドイッチ(25元)、ビッグサイズのハンバーガー(20元)などオリジナルメニューも充実しています。現在のモーニングセットの他、今後はランチセット、お夜食セットを出していく予定とか。店内ではオーナーセレクトのかわいい雑貨、消しゴム判子材料も販売しています。

SPR軟件ビル店:ミン江路172号軟件ビル1F華夏銀行隣り TEL:85725552

 

●本格ベジタリアンレストラン

お肉を一切使わず、野菜中心の料理が楽しめる本格的ベジタリアンレストランを発見。見た目はお肉そっくりなのに、実は大豆でできた代替品。卵も香辛料も使わず、油もオリーブオイルを使用しているのでとってもヘルシー。いつもは中華料理を食べながらカロリーが気になっていた方もここでなら思いっきり食べられます!

清水蓮素膳名坊:燕児島路6号 TEL:85725552

 

 

 

●電子レンジを探しています

中古の電子レンジを探しています。メーカーは問いません。チンできれば十分です。ご不要のレンジをお持ちの方はぜひお知らせください。(足立13206492650)

 

 

 

●百麗広場(MARINA CITY)オープン

 

 

4月中旬、オリンピック記念公園に隣接した海岸沿いに新しいショッピングセンター「百麗広場(MARINA CITY)」がオープン。日本でも人気の洋服店「H&M」や「ZARA」、「UNIQLO」(5月オープン予定)をはじめ他のショッピングセンターには無かったお店が入っていて、まだまだこれからの店舗増加に期待したいところ。アイススケートリンクもあり、使用料は1時間60元(貸靴込み)。個人レッスンや子供向けスケート教室もある。その他、映画館、カラオケなどもあり。オリンピックハーバーのすぐ近くなので、お散歩がてらに家族で、友人で休日のおでかけにおすすめです。

 

●ジュエリーはお好き?**東京発、ジュエリーショーのお知らせ**

 

 

New York、Parisで活躍中のジュエリーデザイナー、 Hirotaka の展示会が5月に青島にやってきます!さりげなく、時にはロックに、シーンを選ばないスタイリッシュな " 2010 New Collection " 。 世界中のNature + Cultureを旅したインスピレーションに溢れたモチーフが、確かな技術で一つ一つ手作りされています。ジュエリーにご興味のある方、普段はジュエリーは身に着けないわという方も、この機会にぜお気軽に是非お立ち寄りください.コレクション以外の商品も展示予定です。今回の青島展示会ではスペシャルディスカウント、10%Offでご提供いたします。

青島での展示会スケジュール
【日程】
5月22日(土)6:30pm−8:30pm
5月24日(月)1:00pm−4:30pm、6:30pm−8:30pm
5月25日(火)1:00pm−4:30pm 

【場所】銀都花園4号楼17C(エントランスベル:1703)
井筒晶貴宅(自宅Tel: 8588-3771、井筒携帯:139-6396-7875)
オフィシャルサイト:www.hiro-taka.com (" 2010 New Collection "各ジュエリーの Price はこちらでご覧頂けます。)


 

●青島アンチエイジングの会「13の月マヤ暦講座」

〜 Who am I ? 自分の本質を知り、自信あふれる内面 からの輝きを 〜

自分のマヤ暦(生まれた日)のエネルギーを紐解き、自分自身の真の本質を知ることで、新たな気づき、発見、心の解放が始まります。また、時間や宇宙のエネルギーについても理解し、日々のインスピレーション(直感)や シンクロ二シティ(共時性)を、もっと身近に感じ、人生を更にワクワク楽しいものにしていくきっかけになります。

日時:2010年5月26日(水)、27日(木)(希望参加日をご連絡ください)時間:9:30〜14:30 (9:15より受付)
場所:海口路12号 金光都市名家
参加費:400元(マヤ暦講座、ディクシャ※、ランチ込み)
参加締め切り:5月24日(月)連絡先:masmy.sh@gmail.com / 13671606504 山中 

※講座お申し込みの際に生年月日をお知らせください。 ※デイクシャはマヤ暦での気づきを、日常の生活に取り入れるサポートをするエネルギーワークです。

 

 

*口コミ情報は、みんなで作るページです。読者の皆様からの口コミ情報や質問への答えを募集しています。ジャンルはグルメ、売ります・買います、各種イベント、求人、耳寄情報など、何でもOK。あなたの伝えたい!知りたい!をどしどしお寄せ下さい。情報は編集部→gekkanqingdao@yahoo.co.jpまで。

情報には取材・寄稿者の主観が入っていますのでご了承ください。

 

↑topに戻る

 


 

 

10人目:荒木正明さん
(ジェトロ青島事務所、駐在歴4年5ヶ月)

 

 

 青島の「憩いの場」を切り盛りする、カーチィース小森さんからご紹介いただきました荒木です。「好和」さんの焼きそば注文頻度ナンバーワンを自負しています。
 週末の楽しみはもっぱら長女との「デート」です。早朝散歩&サイクリング(奥帆中心〜第三海水浴場)、トレッキング(浮山、石老人観光園)、散策(新市街地)中に、子供の眼を通 して視る「世界」は新鮮です。先日、湛山寺をめざしその界隈を二人で歩きました。「Ms.好奇心」は、石畳の坂道に点在するいろいろな形の消火栓や、マンホールの中心部に描かれた地図記号のような印を発見しては、その存在や違いの意味を問うのでこちらは必死です。湛山寺では、巨大線香を両手に地元参拝客の真似をして中国式祈祷を捧げる「小さな姿」に促され、久しぶりに彼の地に眠る先祖を偲びました。彼女の主張を無視して降りたバス停が、目的地から随分遠くだったことは、父親の威厳を地に落とし、タクシー癖を省みるきっかけにもなりました。
  あとどれだけ続くかわからないこの貴重な時間を満喫できるのは、海を駆る妻(ヨット同好会会員)から週末の子守を任されたおかげです。

11人目の「友」は、麺類と高校野球マニアの塩谷先生(住友商事)。仕事もプライベートも「負けを知らない」男前の目は、口以上にモノを言います。

↑topに戻る

 


 

 

〜第9回 大事なファイルの置き場所

パソコンを使ってファイルを作成したり、デジカメで撮った写 真の置き場所として一番よく使うフォルダは「マイドキュメント」という方も多いのではないでしょうか。作業していたらパソコンが急にストップしてしまって、大事なファイルがダメになってしまった、という経験のある方もいるかもしれません。

マイドキュメントは通常“C”ドライブの中にあります。このCとかDというのは、パソコンにすでに内臓されているハードディスクのことで、「マイコンピューター」を開いてみれば、自分のパソコンにはどんなハードディスクが内臓されているのかがわかりますよ。
Cドライブは、ウィンドウズであればWindowsXPなどのOS(オペレーションソフト)が入っている、いわば心臓部。そのため、操作ミスや外からのウイルスに対して非常に敏感です。Dドライブ以下、DやEドライブはパソコンの容量 によってついてきた、いわば“空のおまけの箱”と考えてください。Cドライブは突然コンピューターが止まったり、開かなくなったりしやすく、そうなってしまったらリカバリーをする必要があります。(リカバリーの詳細は月刊青島12月号参照下さい)リカバリーをしたら、その時そのCドライブの中に入ってしまったものは全て無くなってしまいます。もしあなたの大事なファイルがこのCドライブの中に入っていたら、一緒に消えてしまうかもしれません。

でも、リカバリーでファイルが消失されてしまうのは、コンピューター内部のすべてではなく、Cドライブに入っている中のファイルのみ、というのはご存知ですか?あなたのパソコンの容量 が例えば160GBだとしたら、60GBはCドライブ、残りの100GBはDドライブ、とパソコンの中では分別 されています。Dドライブはリカバリーの影響は全く受けませんので、もしあなたのCドライブに入っているファイルをDドライブにも入れておけば、万が一リカバリーをしなくてはいけない事態になった場合も安心です。また、念のために前もって「マイドキュメント」の場所を、通 常のCドライブではなく、Dドライブに移し変えてしまうのも手です。「マイドキュメント」をDドライブに移動した場合は、「マイドキュメント」の上で右クリックして「プロパティ」を開き、「移動」を選びます。「移動先の選択」という小ウィンドーが出てきますので、Dドライブなど自分の選びたい場所を選びます。このDドライブにファイル保管するのはとてもおすすめです。何故なら1)Dドライブは壊れにくい、2)OSソフトの入ったCドライブを継続使用していると、データ量 が増えて、パソコンのスピードが遅くなったり、止まりやすくなるからです。それにパソコンのハードディスク全部が壊れてしまう、という可能性は非常に少ないです。

もしあなたのパソコンにDドライブが内臓されていない場合、データ量 が少なければ、CDやDVDに焼いておけば半永久的に保存できます。データ量が多い場合は外付けHDDがおすすめです。今、チンタオでもどんどん小型のHDDや最近市場に出回り始めたテラ(1000GB)も売られています。価格は160GBで360元、1テラ(1T)で850元ほどが平均価格です。HDDのメーカーは世界でも4つか5つしかありませんので、どこのメーカーのものを買っても大差はありません。

 

「チンタオで買えるおすすめ外付けHDDについて知りたい」「代わりに買ってきて欲しい!」という方は、長さんがあなたのお手伝いをさせていただきます。(費用は実費と交通 費)
【助けて長さん!コール】は13863946397まで。
↑topに戻る

 


 

 


「会長はシェフ!」のこのコーナー。
自他とも認めるお料理好きの青島日本人会会長・飛坂有三氏。料理へのこだわりはとうとう自ら野菜づくりに励むことになり、今は「会長は農民&シェフ」になっていらっしゃるとか。。。毎月身体とおさいふに優しい簡単レシピを紹介します!

 

 

〜5月レシピ〜
子供も大人も楽しめる「ドライフルーツのカレーチャーハン」

■材料(2人分)

ご飯(2椀)
ウインナーソーセージ(8本)(焼きブタ・鶏肉・海老でも美味しい)
玉ねぎ(小1個)
ピーマン(1個)
マッシュルームスライス缶詰(適量)
干しアンズ(15粒)
レーズン(30粒程)
玉子(2個)
サラダ油(少々)
チキンコンソメ(少々)
カレー粉(少々)
胡椒(少々)
福神漬

 

■作り方

 

 

1)干しアンズ・レーズンは湯に3分ほど漬けてから、湯を切っておきます。

2)ウインナーソーセージ・玉ねぎ・ピーマン・干しアンズは炒め易いように小さく切ります。

3)中華なべに油を少しいれ、ウインナーソーセージ、玉 ネギ、ピーマン、干しアンズ・レーズンの順で足しながら炒め、極少量の湯で溶いたコンソメとカレーパウダー、コショウで下味をつけて皿にとっておきます。

4)中華なべに油を入れ熱し、玉 子を炒めてから、ご飯を入れ強火で炒めます。

5)ご飯がほぐれたら、3)で作った具を加え、カレーパウダーを満遍なく加え、極少量 の湯で溶いたチキンコンソメを鍋肌から注ぐようにして強火で炒め上げて出来上がり。福神漬けを添えて召し上がれ。アーモンドスライスを載せても美味しい。

 

 

 

■ ポイント

調理のポイント:チキンコンソメは玉ねぎか野菜エキスの入っているものを選んでください。トップバリューのコンソメ(チキン味)か、クノール又は味の素のチキンコンソメがお勧め。お子様にはカレー粉・胡椒を少なめに。3)の具を炒めたものを大目に作って冷凍しておけば、電子レンジで解凍してから、4)5)の通 り、玉子・ご飯と炒めればいいので便利です。トッピングに目玉焼、コロッケ、トンカツ等加えればボリューム満点!

↑topに戻る

 


 

新企画

 

〜テーマ/桜〜

 

「花見する人たち」

 

 

「可憐なる桜人」

 

 

 

「桜とテレビ塔」

 

 

 

「無骨な樹に可憐な花」

 

 

 

次回6月号でのテーマは「初夏」です。皆さんからの投稿をお待ちしております!

写真サイズ:縦横最大600ピクセル


(投稿締切りは5月末です。)

投稿は、gekkanqingdao@yahoo.co.jpまで。

↑topに戻る

 

 


 

 

LongWalk 010

女映像作家とタクシードライバーつばめちゃんの旅、黄島へ

 

 

 

 

 

 

 

↑topに戻る

 


 

 

 

 

Beijing Opera4月25日、にちようび、くもり空。

タクシーはすぐにつかまるかしら?
午後3時を少し回って"Beijing Opera"を観に行きましょう。
今日のイベントは「Qingdao Expat Group」というボランティア団体のチャリティーイベント。チケットもこん なにあざやか!

 

 

開けるとプログラムにもなってる。
京劇を見るのは初めてではないのに、この招待状の色とりどりのイザナイに期待が高まっていく。
台東の新たな一本道"葡萄街"にできた、本日の舞台"青島京劇院"。とても小さな京劇館。90人も入れば満 員御礼。
この日の観客のほとんどは欧米人で、2割ほどがアジア人。多くは家族連れ、ちびっこもたくさん。
彼らにとって、きっと初めてのオペラ。
これから、何が始まるの?そわそわ。
黒服の律儀そうな男性が、京劇の楽しみ方を解説する。幕が開く。20名ほどの楽団。主役は琵琶に月琴、 そして3人の二胡奏者。それに伝統的中国打楽器が6名。こうなるとバイオリンやシンセサイザーはその影を潜 める。
その旋律、まるで駿馬。時に、瀟瀟
なるせせらぎ。心が舞台に集中する準備が整う。

本日の演目は4つ。
カンフーのような武術劇。長い長い一人での言い回しが見せ所のもの。
男女の歌のやり取りや、掛け合い。商業的ではない小さなスペースだから、舞台との距離も近く、 演者の細部まで知ることが出来る。大見得を切るときの眼の動き。激しい立ち回りの後、いかに表情を崩さず、 また、肩で息をするのを堪えているか。演者の一挙手一投足ごとに、舞台が轟く。
舞台袖から、生演奏の重みが客席に流れ込んでくる。すべてが五感に直接響く、感動。
途中「覇王」の黒い縁取りが怖くなって、泣き出して帰っちゃった子もいたみたい。
青島にもこうやって、伝統的な芸術や文化に触れられるところがある。光速で発展するこの国で、 温故知新の学びを具現化しようと努力している人がいる。
これからも、青島で、お気軽にArtを召しませ。

 

The Plays......Red mulberry County, Farewell My Concubine, The Jade Bracelet and Burn Pei Yuanqing!

 

 

Written by Saw@
Photos by Misao Kunisada

 

 

*「チンタオなんでも体験記」では、皆さんからの投稿をお待ちしています。チンタオで見たもの、聞いたもの、食べたもの、面 白かったもの、なんでも結構です。皆さんのチンタオ体験談を募集しています!

 

↑topに戻る

 

 


 

 

『声』 〜あなたの声をお聞かせください!〜 チンタオライフ、満喫していますか?こんな事があったらいいなあ、こんなことはできないだろうか?などなど、 あなたの日頃の想いとグッドアイデアをお聞かせください! 記名、匿名問いません。あなたの貴重な声をお待ちしています! 声はこちら→gekkanqingdao@yahoo.co.jp

 

↑topに戻る