月刊青島--青島日本人会生活文化会発行
目次

Toby's Kitchen(4)
 
パルメザンチーズと牛乳でつくる、キノコのクリーミィー・パスタ
 
 秋ですねぇ~。スーパーに行けばキノコも豊富!でも生クリームが無い。そんなときでも、保存性の高いパルメザンチーズと牛乳で、美味しいクリーミィー・パスタが出来ます。
 
【材料】二人分
パスタはお好みのもの
お好みのキノコをたっぷり
(マッシュルーム、しめじ、えのき茸、マイ茸がお勧め)
玉ねぎ1個
ベーコン4切
粉末のパルメザンチーズ20g(クラフトのだったら1/3瓶ぐらい)。
牛乳(1/4カップ)
チキンコンソメ(顆粒のもだったら小匙2~3杯)
ティオぺぺ(大匙1杯)か白ワイン(大匙2杯)
ガーリックの薄切りを2-3枚。
黒コショウ少々
 

【作り方】
 鍋に水を1/4カップ入れて沸騰させ、チキンコンソメを溶かします。1/3ぐらいを容器に取り分けておきましょう。弱火に落として、パルメザンチーズを少しずつ入れながら鍋を回して溶かします。ダマになっても気にしない。チーズが溶けたら、牛乳を加え温めティオ・ぺぺか白ワインを足し、吹きこぼれないように、軽くとろみが出るまで温めソースの出来上がり。フライパンにオリーブオイル入れて熱し、ガーリックを加えきつね色になるまで炒めます。ベーコンと玉ねぎの薄切りを加えて良く炒め、薄切りのマッシュルームと他のキノコを加えます。キノコの汁がしっかり出てきたら、ソースの入った小鍋に移し良く混ぜ、取り分けておいたチキンコンソメで味を調整し、強火で温め。ブラックペッパーを軽く振って、ソースの出来上がり。別に茹でておいたパスタにかけて召し上がれ。

【ポイント】
 キノコは炒めると、水が出て量が減ってしまうので、たっぷり入とれて下さい。パルメザンチーズがダマになっても気にしない。ちょっとカルボナラーっぽい食味に仕上がります。

【日本の食べ物事情】
 キノコが安い!嬉しい事です。機械化された工場で、高い生産効率が上がっているらしい。本当は、山で自然に育ったものをとってくればもっと美味しいのでしょうが、間違って毒キノコを採ってしまうと大変。日本では年間200人以上の中毒患者が出て、うち数名が命を落とされています。中国では把握しきれないぐらいキノコ中毒事故が多いらしく、都会の料理屋でも発生しています。神経毒ですので、嘔吐・下痢・幻覚・眩暈・マヒ等異常がでたらすぐ病院へ(キノコ料理のレシピにこんなこと書いてどうする!)。

 

 
<< トップへ戻る