月刊青島--青島日本人会生活文化会発行
目次

青島日本人学校からのお知らせ
 
~学習発表会~
 11月16日に「伝えよう!みんなの思い 届けよう!あふれる笑顔」のスローガンのもと、学習発表会が行われました。今年も、各学年で今まで学習してきたことを発表しました。国語や社会で用いた教材や、総合でテーマに沿って調べたもの、体育で練習したダンスなど、内容も多種多様でした。また、中学部3年生によるオープニングや、小学部6年生による和太鼓演奏、音楽部のハンドベル演奏、全校での「時の旅人」の合唱なども行われました。子ども達の一生懸命さや楽しさが伝わり、参観いただいた保護者や来賓の方から、たくさんのお褒めの言葉をいただくことができました。
 
 
~JFA心のプロジェクト「夢の教室」~
  全日空による「夢の教室(通称ユメセン)」が小学部4~6年生を対象に実施されました。元サッカー日本代表であり、元横浜マリノスの水沼貴史先生をお招きしました。第1部は体育館で体をほぐし、心をほぐすゲームを行い、チームで作戦を考えながら楽しく取り組みました。第2部は教室での「夢トーク」として、水沼先生のこれまでの人生の歩み、そしてこれからの目標としての「夢」についてお話をしていただきました。先生の軽快なトークに、すっかり魅了された子ども達。あっという間の楽しい時間でした。最後は全校児童生徒と記念撮影をし、子ども達の質問にも丁寧に答えてくださり、まさに夢のようなひとときでした。
 
 
~小学部5年お好み焼き教室~
 日本人学校初めての企画となる大多福食品によるお好み焼き教室が小学部5年生を対象に実施しました。会場となる家庭科室には幟や暖簾が多数用意してあり、町のお好み焼き屋さんの雰囲気にあふれていました。前半は、お好み焼きの歴史やソースの秘密について学びました。後半は、教わった焼き方の秘密を実践し、保護者とともにお好み焼き作りに取り組みました。子どもたちは自分でつくった格別においしいお好み焼きを食べることができ、笑顔いっぱいでした。
 

 
<< トップへ戻る