月刊青島--青島日本人会生活文化会発行
目次

在青島日本国総領事館からのお知らせ
 

1.選挙権年齢が「満18歳以上」に引き下げられます
公職選挙法の改正により,2016年6月19日以降初めて行われる衆議院議員総選挙又は参議院議員通常選挙から,投票に際しての選挙権年齢が「満18歳以上」に引き下げられることとなりました。
これに伴い,海外からの投票に必要な在外選挙人名簿の登録申請は,2016年6月19日において満18歳以上(1998年6月20日以前の出生)で,所定の要件を満たす方であれば,2015年6月19日(改正法公布日)以降,受付が可能となりました。
海外からの投票には,あらかじめ在外選挙人名簿に登録され,在外選挙人証を取得しておくことが必要です。年齢満18歳以上(2016年6月19日現在で満18歳となる方も含む)で,在外選挙人証をお持ちでない方は,住所を管轄する在外公館でお手続願います。詳しくは,当館にお問合せいただくか,以下のホームページを御覧ください。

外務省ホームページ:http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/index.html
総務省ホームページ:
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/senkyo/senkyo_nenrei/index.html

2.「在外選挙人名簿登録申請」手続のご案内
海外に在住している日本人の方が投票(※投票方法は①在外公館投票、②郵便投票、③帰国投票の3通り)に参加するためには、まず在外選挙人名簿への登録申請を行い、あらかじめ在外選挙人証を取得して頂く必要があります。申請から在外選挙人証の交付までに概ね2~3か月間を要しますのでお早めに登録申請をお願いします。なお、登録資格、必要書類につきましては当館にお問い合わせいただくか、下記当館HPをご覧ください。
http://www.qingdao.cn.emb-japan.go.jp/jp/connection/election_120401.html

また,在外選挙人名簿に登録されていると,憲法改正の国民投票が実施される際,改めて在外投票人名簿に登録することなく投票を行うことができます。国民投票制度につきましては,下記総務省HPをご覧ください。
http://www.soumu.go.jp/senkyo/kokumin_touhyou/index.html

3.「在留届(変更届・転出届)」の手続のご案内
新しく当館管轄地域内(山東省)に住所又は居所を定めて3か月以上の滞在を予定されている方は、下記当館HPをご参照の上、「在留届」の提出をお願いいたします。在留届が提出されていなければ、緊急事態発生時に当館から連絡を取ることができず、ご本人やご家族が必要な援助を受けられないおそれがあります。また、住所等の記載事項の変更、帰国や当館の管轄地域外に住所を移転等される場合、在留届記載事項変更届・帰国・管轄外転出届をご提出ください。
http://www.qingdao.cn.emb-japan.go.jp/jp/connection/stay_2013.10.28.html

4.外務省海外旅行登録「たびレジ」について
「たびレジ」は、海外旅行や海外出張される方が、旅行日程・滞在先・連絡先などを登録すると、滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡などが受け取れるサービスです。
当館管轄地域内に3ヶ月以上の長期滞在をされている方は、当館に「在留届」を提出していただいていると思いますが、「たびレジ」は、海外に長期滞在されている方(「在留届」を提出されている方)が、第三国や他地域に渡航される際にもご利用いただけるサービスとなっています(例:煙台市にご滞在中の方が出張で広東省広州市に1週間滞在する、青島市にご滞在中の方が休暇で東南アジアに3泊4日で渡航をされる等)。海外長期滞在の方も、在留地を離れて旅行や出張をされる際には「たびレジ」をご利用いただければ幸いです。
「たびレジ」は、以下のサイトから登録できます。 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

5.在青島総領事館在留邦人向けメールマガジン配信サービス登録のご案内
当館では、メールマガジン配信サービスにご登録の方に、安全、病気、事件事故等に関する各種情報を随時配信するサービスを行っています。当館HP「メールマガジン配信サービス」http://www.mailmz.emb-japan.go.jp/cmd/qingdao_cn.html)から登録が可能ですので、是非ご登録ください。


 
<< トップへ戻る