月刊青島--青島日本人会生活文化会発行
目次

在青島日本国総領事館からのお知らせ  
   

○「在留届(変更届・転出届)」の手続のご案内
外務省では毎年10月時点における、海外に在留する邦人数調査を行っています。本統計において、在留届は重要な資料となります。当館管轄地域(山東省)に住居又は居所を定めて3か月以上滞在する方は、在留届の提出をお願いいたします。
この海外安全邦人数調査は在外公館に提出されている在留届をもとに、在留邦人の状況を把握するために行っています。昨年10月1日現在、山東省の在留邦人数は2,320人で青島市は1,497人、済南市は155人、煙台市は308人、威海市は91人、済寧市は100人等となっています。

在留届提出後、転居など在留届の記載が変わったときや帰国する際には、変更届・転出届の提出をお願いいたします。
「在留届・変更届・転出届」の手続の詳細については下記当館HPをご参照ください。

http://www.qingdao.cn.emb-japan.go.jp/jp/connection/stay_2013.10.28.html 

 

○緊急時における総領事館からの情報伝達手段
近年、海外で事件・事故や思わぬ災害に巻き込まれるケースが増加しています。万一、邦人の皆さまがこのような事態に遭った場合、総領事館は在留届をもとに皆さまの所在地や緊急連絡先を確認し援護活動を行います。円滑に援護活動を進めるためにも、在留届の提出をお願いいたします。
緊急時の対応において、大切なことの一つに正確な情報入手が挙げられます。緊急時における当館からの情報伝達手段は以下のようなものがあります。これらの手段を積極的に活用し、緊急時の対応に備えていただくよう、よろしくお願いいたします。

(1)領事メール
「領事メール」とは、「在留届」又は「たびレジ」に登録された方の届け出たメールアドレス宛てに、海外渡航情報等を提供するものです。緊急事態発生時においてメールによる一斉送信及び安否確認等のために利用されます。
(2)青島安全SMS
「青島安全SMS」とは、「在留届」又は「たびレジ」に登録された方の届け出た携帯電話番号宛に、緊急事態関連情報を提供するものです。緊急事態発生時において携帯電話回線(ショートメッセージ)による一斉送信及び安否確認等のために利用されます。
(3)総領事館ホームページ
「総領事館ホームページ」(http://www.qingdao.cn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html )では、「安全対策情報」「治安関連情報」について随時情報を提供しております。緊急事態発生時には、関連情報を掲載して情報伝達します。


 
   

 
<< トップへ戻る