青島日本人会  
 
  ホーム > 日本人学校運営理事会 >日本人学校運営理事会

*-* 平成25年度 青島日本人学校運営理事会 *-*

 
|  紹介  |  理事監事紹介  |  運営理事会規則  |  寄付金(御礼とご報告)  |
 

*-* 青島日本人学校運営理事会規則 *-*

 
(趣旨・目的)
第1条 青島日本人学校運営理事会(以下「理事会」と言う。)は、青島日本人学校規則第3条の目的に即し、同規則第17条について審議、決定し、青島日本人学校の運営を行うものとする。

(理事会組織)
理事会は、次の者で組織する。
1. 在青島日本国総領事館より
2名以内
2. 青島日本人会の推薦する者
15名以内
3. PTA代表
3名以内
4. 校長
1名

(理 事)
第3条
理事の任期は、4月1日から翌年3月31日までの1年とする。再任は妨げない。
理事に欠員が生じた場合は、前任者の選出母体において直ちに補充するものとし、その補欠の理事の任期は、前任理事の残任期間とする。
理事が理事会または青島日本人学校の名誉を毀損し、または目的に反する行為があったときは、理事長は理事会の決議によりこれを解任することができる。

(理事長及び副理事長)
第4条
理事会に理事長及び副理事長を置く。
理事長は、青島日本人会より選出された理事より、理事の互選により選出され、理事会の業務を統括し、理事会を代表する。
副理事長は、理事の内から理事長が指名する。
副理事長は理事長を補佐し、理事長に事故あるときは理事長の職務を代行する。

(名誉理事長)
第5条 理事会に名誉理事長を置くことができる。

(顧 問)
第6条
理事長は理事会の同意を得て、顧問を置くことができる。
顧問は青島日本人学校の運営について助言を行い、理事会に出席して意見を述べることができる。

(理事会)
第7条
理事会は、毎月1回開催し、理事長が召集する。
但し、理事長が必要と認める場合は、変更することができる。
理事長が必要と認めた場合、または理事の3分の1以上から会議の目的たる事項を示して、理事会の召集を請求された場合には、臨時理事会を開催するものとする。
理事会は理事現在数の3分の2の出席をもって成立し、議事は出席理事(委任状出席を含む。)の過半数をもって決し、可否同数の時は議長の決するところによる。
理事長は、必要に応じ理事会に関係者の出席を要請することができる。但し、出席した関係者は、表決には加わることができない。

(審議・決定事項)
第8条 理事会は、次ぎの事項を審議・決定する。
1. 青島日本人学校運営理事会規則及び青島日本人学校規則の改正
2. 青島日本人学校運営理事会規則に基づく細則の制定及び改正
3. 青島日本人学校の管理運営の基本方針に係わる事項
4. 青島日本人学校の予算、決算に関する事項
5. 重要な資産の取得、管理及び処分に関する事項
6. 現地採用教職員の任免に関する事項
7. その他青島日本人学校の管理運営、入学に関する重要事項

(財 務)
第9条
青島日本人学校運営の収入は、日本国国庫補助金、入学金、授業料、寄付金、青島日本人会補助金その他の収入をもってこれに充てる。
理事会は、理事の内から財務担当理事1名を選任する。
校長は、理事会の決定に基づき予算を執行し、実施した予算につき、理事会に毎月次収支報告を行わなければならない。
青島日本人学校の会計年度は、毎年1月1日に始まり、12月31日に終わる。
財務担当理事は、会計監査終了後理事会において決算報告を行わなければならない。
会計細則は、理事会が別途これを定める。

(監 事)
第10条
理事長は、理事以外の者に監事1名を委嘱する。
監事の任期は、4月1日より翌年3月31日までとする。
監事は、学校財産及び会計を監査し、その結果を理事会に報告しなければならない。
監事は、理事会に出席し、意見を述べることができる。

付則 (施行期日)
この規則は、2004年4月1日から施行する。
この規則は、2009年4月13日から施行する。(2条1,2,3、5条改正)
この規則は、2013年9月13日から施行する。(2条3,4、5条、7条、8条、9条改正)